関西タップフェスティバルとは? 

関西タップフェスティバルは、2008年にベースメントスタジオ代表のタップダンサー・佐々木義幸により立案・企画された、関西タップダンス界における初めての大規模なタップダンスの祭典。

 

フェスティバル開催趣旨

❶ 関西のタップダンサー達の交流・発表の場とすること

❷ 関西タップダンス界の飛躍・発展に繋がること

❸ 老若男女問わず多くの人がこの場で知り合い、タップダンサーの輪が広がること

関西元気文化圏参加事業です!

文化庁「文化力」プロジェクトの1つ「関西元気文化圏参加事業」とは、関西地域における文化活動の充実や関西から文化を発信し,社会を元気にすることを目的としています。

関西タップフェスティバルでは少しでも関西の文化力向上にお役に立てるように努めてまいります!

事務局代表 佐々木義幸

icon_project_01.png

文化庁・関西元気文化圏参加事業

関西在住タップダンサーが主役!
 オリジナリティ溢れるフェスティバル♪

関西在住のタップダンサーやタップダンススタジオ、約100名が主役となり、個性溢れる作品の数々を発信し続けています!

 

まさに《フェスティバル》という名前にふさわしく、オリジナリティ溢れる企画が目白押し!舞台だけでなく、ロビーや会場廊下などでも様々なイベントを催しています。

 

関西タップフェスティバルの公式マスコットキャラクターである、世界初のタップダンス界のマスコットキャラクター "たっぷぅ"は、フェスティバル創設以降、広報活動の一環として、「よ〜いドン」(関西テレビ)、「神戸まつり」(神戸市)などに出演しました。

 

会場では、"たっぷぅ"との記念撮影や、たっぷぅグッズも販売しております!また youtube では、たっぷぅが様々なことにチャレンジする企画 "たっぷぅTV" や、"たっぷぅ体操" など独創的なアイディアで、この関西タップフェスティバルを盛り上げてくれています!

 

公演経歴 

  • 2008年 関西タップフェスティバル vol.1  (門真市・ルミエールホール)

  • 2009年 関西タップフェスティバル vol.2 ~夢をふくらまそう~(門真市・ルミエールホール)

  • 2010年 関西タップフェスティバル vol.3 ~Unlimited~(門真市・ルミエールホール)

  • 2011年 関西タップフェスティバル vol.4 ~FANTASTIC~ (大阪市・クレオ大阪中央)

  • 2012年 関西タップフェスティバル vol.5 ~PASSION~ (大阪市・クレオ大阪中央)

  • 2013年 関西タップフェスティバル vol.6 ~ENJOY~ (大阪市・クレオ大阪中央)

  • 2014年 関西タップフェスティバル vol.7 ~夢 x 虹~ (大阪市・クレオ大阪中央)

  • 2015年 関西タップフェスティバル vol.8 ~輪とWAがつながるフェスティバル~ (大阪市・クレオ大阪中央) 

  • 2016年 関西タップフェスティバルvol.9 ~喜びあふれるリズムの祭典~ (大阪市・クレオ大阪中央)

  • 2017年 関西タップフェスティバルvol.10 ~十人☆十色~ (大阪市・クレオ大阪中央)

  • 2018年 関西タップフェスティバルvol.11 ~OPEN THE "11" STAGE~ (大阪市・クレオ大阪中央)

  • 2019年 関西タップフェスティバルvol.12~STEP FOR THE FUTURE!~ (大阪市・クレオ大阪中央)